目の下のクマの改善について  

face

最近、アンチエイジングという言葉に敏感に反応する年頃になった。
とゆうのも朝起きぬけに鏡を見るたび主張してくる目の《クマ》たち。友達と会って食事をすると決まって飛び出す話題。気にすれば気にするほど憂鬱になってくる目の下のクマ。

そもそもどうしてクマが出来るのだろう?近所の親しくしているおば様は還暦をとうに過ぎ、もうすぐ古希になろうというご婦人なのにしわやクマがほとんど無い。いつも艶やかで陶器のような肌をしている。あまりに羨ましく一度尋ねてみたことがあるが、本人曰『若い頃かから油肌なのよ、手入れなんて特に何もしていないのよ!でも毎日の晩酌はかかさないけどね!』なんだそうだ。油肌?? とにかく、クマについて調べてみることにした。

まず目の下のクマには、青クマ・茶クマ・黒クマの3タイプがある。
そしてタイプによって解消法も違ってくるそうだ。

《青クマについて》
睡眠不足や疲労、ストレス、低体温、目の疲れによる血行不良が原因の目のクマ。
青クマの方の中には、肩こり頭痛や冷え性持ちの方が多くいる。
目のクマは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすく、また目の下の皮膚が特に薄いためクマに見える方もいる。

青クマの解消法とは
青クマは、血行不良が原因の一因なので、目の下の血流を改善することでクマが薄くなる。それにはカシスポリフェノール(カシスアントシアニン)が血流改善に効果があり、その他にも視覚改善(眼精疲労改善)や肩こり、冷えなどの改善効果もある。カシスの成分は目の下の血流改善による目のクマの解消に役立つと言われている。

《茶クマについて》
茶クマは、目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見える目のクマ。

茶クマの解消法とは
茶クマは、こすることなどによってメラニン色素が沈着してできているので目の周りをこすらないように気を付けること。それと肌のターンオーバーを促すこと。肌のターンオーバーを促す方法としては次のようなものがある。

・古い角質層を剥がし、肌の新陳代謝を促す
・水分・脂分を補給する
・抗酸化食品を摂取する
・血行を促す

《黒クマについて》
黒クマは、目の下に出来る窪みや目の周りの筋肉のたるみ(目の下のたるみ)、または涙袋等が原因で影のようになって見える目のクマ。

黒クマの解消法とは
コラーゲンを増やし、皮膚が脂肪やむくみを支えられるようにする。むくみは、リンパの流れをスムーズにして老廃物を流すようにすることでを解消できる。その他のむくみ取りの方法としては、キャベツやほうれん草、その他の葉ものを食べる。塩分を取りすぎないこと。あと、キュウリのパックもおすすめらしい。

 


 

■■目のクマの改善法:マッサージについて■■

・蒸しタオルケア
洗顔後に、目の周りを蒸しタオルで温める→水でぬらしたタオルで冷やす。(2~3回繰り返す)

・目のクママッサージ
①両手の薬指を使って下まぶたの目尻→目頭→上まぶたの目尻と、まぶたのふちを一周する。
②目尻に向かうラインに沿って、下から上へと指を動かした後、こめかみあたりで下へと指を動かして老廃物をリンパの流れに乗せる。
③下まぶたの目尻の側から目頭の方へ指を動かし、鼻筋を上に上って、上まぶたでは目頭から目尻に向かって内から外へと指を動かし老廃物をリンパへ乗せる。

■■目のクマのマッサージでの注意点■■

目のまわりや瞼の皮膚は、まわりの皮膚に比べてとても薄いのでやりすぎないこと。
刺激を与えすぎて、「色素沈着」のクマの原因にならないように優しく行うこと。

いつも、『クマが目立って憂鬱!』と思っていたが、目の下のクマには種類や改善法の違いがあることが解った。ご近所のご夫人のように還暦になっても古希になってもいつまでも若々しくいるために、次の女子会の時には友人にもこの情報を教えてあげようと思う。

アンチエイジングのためのサプリメントについて

supplement

年齢を重ねるごとに、体の不調や肌のトラブルを感じるようになった。
季節の変わり目や気候によって顕著にあらわれる。しっかり睡眠をとっていても翌朝疲れが残っていたり、食生活に留意していても体の不具合を感じる。

40代、50代と歳を重ねていく毎に、若き日の健康が永遠に続くものではないと実感するようになった。習い事で親しくなった知人は今年、還暦を迎えたと言っていたがまだまだ60歳とは思えないほど若若しい。どうやってその若さを保っているのだろうか。

身体や肌の不具合が増えてきたこの頃、健康や若さへの思いが募ってくる。そしてTVや雑誌で目にするサプリメントに益々興味を抱くようになってきた。しかし、市場には膨大な種類のサプリメントがあふれている。そしてそれらはどんな効果があり、また本当に効くのであろうか疑問に感じることも多い。そこで、自分の健康維持のためには、どんなサプリメントが適しているのか調べてみることにする。

◆サプリメントの選び方とは※下記の内容を重視して選んでいくとよい。
・どんな効果や特徴を備えているのか?
・健康に役立つ成分をバランスよく含んでいるか? 
・自分の悩みに合った効果が見込める成分が配合されているか?

◆サプリメントの種類とは※目的や機能の面では3種類に分けられる。
・栄養の不足を補うサプリメント
・健康の維持や増進するサプリメント
・病気や症状の改善するサプリメント

◆アンチエイジングに効果的なサプリとは
※アンチエイジングとは加齢による身体の衰えを予防するために行う抗老化療法の意味。ヒトの体に欠かせない大事な要素の酸素は、ちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変身し体内にさまざまな老化現象を引き起こすため、それらを防御する抗酸化作用はアンチエイジングの鍵となってくる。

 


 

【カラダ編 サプリメント】

・カテキン
緑茶に多く含まれるカテキンは、高い抗酸化作用で肥満や糖尿病、がんなどの予防に効果的。また、血糖値を下げる効果もある。

・コエンザイムQ10
体のエネルギー生産に必須の成分で、50代には必要量の3割も不足し疲れやすくなるので補いたい成分。・アスタキサンチン… 血管の若さを保ったり、免疫力を高める成分で、抗酸化作用はビタミンEの1000倍ともいわれる。

・ポリフェノール
抗菌・抗酸化作用効果で細胞の老化防止・細胞を元気にする。また、中性脂肪を低下させる効果もある。

・グルコサミン
軟骨を再生させる働きをするとともに、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を助け活性化させる。また、決行促進作用があるのでドロドロになった血液でも流れを良くする。

・オメガ3脂肪酸
α-リノレン酸やDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの必須脂肪酸。脳の老化や動脈硬化を予防したり、生活習慣病を予防する。また、抗うつ作用やストレスを軽減する効果もある。

【美容・美肌編 サプリメント】

・L-システイン
活性酸素を消す作用があり、メラニン色素をできにくくし美白効果がある。

・ビタミンB群
肌細胞に必要なビタミンB1、乾燥を改善するB2、皮膚の元となるタンパク質を作り出すB6、細胞の代謝を促進するB12は美肌の必須ビタミン。

・大豆イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするためホルモンバランスを整え、また、皮膚のキメを整えたり乾燥から守ったりと肌のコンディションを整えてくれる。

・亜鉛
肌細胞の新陳代謝を活発にしてくれる。亜鉛が不足すると肌の再生に必要なタンパク質が合成されにくくなる。

・ピクノジェノール
フラボノイド系の成分で非常に抗酸化力が強く、コラーゲンの生成を高めてくれる。

・レスベラトロール
赤ワインやブドウの皮にごく微量だけ含まれるポリフェノール。抗酸化力が強く、美肌効果がある。


 

supplement02

◆サプリメントの摂り方と注意点

・天然成分でできたものを選ぶ。

・サプリメントは食品の一つなので、基本的にサプリメントどうしの飲み合わせはOKだが、中には一緒に飲むことでそれぞれの作用を弱めてしまうものもある。また、病気の人や処方箋薬を飲んでる人は、サプリメントの種類によっては症状を悪化させてしまったり薬の作用を弱めてしまうおそれがある。

・サプリメントは、基本的に水で飲む。お茶やコーヒーで飲むと吸収が悪くなり効果が落ちる。

還暦世代から喜寿世代までで、健康維持のためのサプリメントを摂取している割合は2人に1人だそうだ。そして3人に1人以上がほぼ毎日摂取していると言っている。 こういったサプリメントで若さに自信が持てたお蔭で、年代が高くなるにつれて老後の多趣味傾向が増えているそうだ。

60歳過ぎに見えない、顔のたるみ改善方法

skincare

夫婦揃って還暦を迎え、肌への危機感を感じている人も少なくはないでしょう。若いころから肌がきれいで若く見られてきた女性もなにもお手入れをせずに過ごしていると、いつの間にか鏡を見て愕然としてしまうことになるのです。深いほうれい線、頬のたるみ、点在するしみはふけた顔に見られるものです。男性も若いころは油分もありシミやしわがなかったけれど、なかなか女性のようにお手入れをすることもなく紫外線をも直に浴びたり顔をこすって洗ったりしているうちに油分が抜け次第に乾燥肌になることで、還暦を迎えたころにはしわやたるみで老けた顔になってしまうのです。

しかし遅くはありません。それを発見したその日からお手入れを始めればよいのです。女性は毎日寝る前に化粧水と乳液だけでもつけていたでしょうが、そのうえにマッサージを日課にしてみるとよいでしょう。顔には表情筋があり、笑ったり泣いたりすることでその筋肉が動きますが、年を重ねて表情も少なくなると表情筋が硬くなってしまいます。顔の筋肉が硬くなると血液やリンパの流れも悪くなり、肌の新陳代謝も行われにくくなるため、シミができやすかったり、できたシミが取れにくくなってしまうのです。そして血行がよくなり栄養分が顔の肌にもいきわたり、老廃物が抜けていくことによって顔にハリやツヤが出てきます。

このように顔の表情筋を動かして肌を柔らかくし血行をよくすることで新陳代謝を促すことができるのがマッサージです。しかし顔を触るときに素手でぐいぐいと摩擦を起こすような触り方をすれば、またシミのもとにもなるので、まずは顔にジェルなど滑りがよくなるものを塗ったり、肌にやさしいタオルをかけてそのうえからマッサージを行うようにします。

マッサージは入浴後に行うのが望ましいのですが、入浴中に下準備を施しておく事が大切です。まず入浴前にコップ一杯の水を飲みリンパ液の濃度を薄めて流れやすくします。それから体が温まり血行がよくなっている入浴中にしておくことは、しっかりと湯船につかって全身の血行をよくすることです。そして顔の表情筋を軽くほぐしておきましょう。

そして入浴後はリンパマッサージです。ジェルやクリームを塗った後、手のひらの下の方を頬骨の下にあてて、そこから耳の後ろまで手のひらを動かすことで顔に溜まっているリンパを耳の後ろのリンパ節まで流すことができます。マッサージのコツは少し痛いくらいの強さで行うことです。このようなマッサージを毎日根気よく続けることで顔のたるみが少しでも解消され、目の下のクマやしわを薄くすることができます。また肌にハリが出て新陳代謝も活発になるので、シミを薄くするために美白化粧品を使っていても効果がなかった人にもリンパマッサージを加えることによってシミが薄くなる可能性も高まります。男性も同じようにすることでしわやたるみの改善ができるので、たとえ還暦を過ぎた年齢であっても夫婦で揃って毎日の習慣にしてみるとよいでしょう。

還暦祝いにプレゼントした商品

還暦祝いのプレゼントに悩む方、よくプレゼントされている商品は何なのか知るとプレゼント選びのヒントになるでしょう、父親や男性に対する還暦祝いで一番多いのは財布です。新しい人生の節目と言う事で今までと心機一転するために普段使える財布をプレゼントする方がいます。使いやすいものなら喜んでもらえるでしょう。
還暦というと赤いものをあげるイメージがありますが決して赤にこだわらなければいけないというわけではありません。特に男性の場合は赤い財布を持ちませんので他の色を選ぶようにしましょう。
そして他にもお酒が人気です。中でも特に人気なのが名前を入れているものになります。これなら思い出に残りますしお酒そのものを楽しめるのもいいところです。
あと女性や母親の場合ですが男性同様財布が人気になります。女性の場合は赤い色を選ぶこともできます。また高級ブランドのものも人気です。
他にはスイーツやお花も大人気になります。あげる側の満足度が高いのは勿論のことですがもらった方の満足度も高い商品です。お花は見た目の華やかさがありますしスイーツは食べて楽しめます。五感で楽しめる商品はいつの時代でも人気です。
男性女性関係なくプレゼントされているのはオリジナルの額です。名前を入れたメッセージやポエムが入っているのが特徴で世界に一つしかないという特別感も人気の理由になっています。どれを選べばいいか迷った時にはこれを選ぶのもいいでしょう。

↑ PAGE TOP